公共料金の相続手続き/名義変更

相続手続きが必要なのは財産だけでなく、亡くなった人の名義でされていたさまざまな契約の名義変更をしなければなりません。

電気・ガス・水道・NHKについては、毎月送られてくる使用料通知書(領収書)などに記載されている営業所やお客様センターに電話連絡することで契約者の名義変更ができます。

NTTの場合は、契約時に加入権が発生していますので、契約者の名義変更のほかに加入権の承継手続きも必要です。

電話加入権の承継手続きに必要なもの

  • 承継・改称届出書
  • 現在の契約者の除籍謄本
  • 新契約者が相続人であることが確認できる戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
  • 新契約者の印鑑

支払い口座の変更

公共料金の支払いが故人名義の銀行口座から自動引き落としになっていた場合、預貯金の相続手続きによって口座が凍結され、支払いが止まっていることがありますので、名義変更か新たな口座振替払いの申請が必要となります。金融機関の窓口にある用紙に「お客様番号」や「契約番号」など必要事項を記入のうえ、手続きを行います。引き落としできなかった分については、払込用紙が届きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ