代襲相続とは

相続が発生した時点で本来相続人になるはずであった被相続人の子がすでに亡くなっていた場合には被相続人からみて孫にあたる者が相続人となります。これを代襲相続といいます。

代襲する人を代襲相続人といい、代襲される人を被代襲者といいます。代襲相続人である孫もすでに亡くなっていて、その者に子がいればその子が相続人になります。これを再代襲といいます。

代襲相続は、相続する権利を失った人が相続していればその利益を受けられたであろうという直系卑属の期待権を保護するものです。複数の子どものうち1人の子どもが相続権をなくしてもその子ども(孫)が不利益を受けないようにする意味があります。

また被相続人に子や代襲相続人および両親など直系尊属がいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人になりますが、このとき兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合は、被相続人からみて甥または姪にあたる兄弟姉妹の子が代襲相続します。ただし、兄弟姉妹の子の代襲相続は1代限りで兄弟姉妹の孫には再代襲されません。

代襲相続人の相続順位は被代襲者と同じなので、その相続分についても被代襲者と同じです。

相続人の欠格や廃除の場合でも代襲相続はおこなわれます。したがって相続欠格の子や廃除になった者の子は、代襲相続人として相続権を引き継ぐことができます。

また欠格者や廃除者の相続権を引き継いだ代襲相続人には、遺留分が存在します。ただし被相続人の子や兄弟姉妹が相続の放棄をした場合には、その子には代襲相続権はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ