法定相続分について

法定相続分とは、各相続人がそれぞれどれくらいの遺産を受け取れるかという民法で定められた割合のことをいいます。

配偶者の法定相続分は、血族相続人の相続順位によって異なります。

配偶者の法定相続分は、第一順位である子がいる場合は遺産全体の2分の1、第二順位である直系尊属の場合は3分の2、第三順位である兄弟姉妹の場合は4分の3となります。

血族相続人の法定相続分は、被相続人に配偶者がいる場合には配偶者の法定相続分を差し引いた分となります。つまり、子の法定相続分は遺産全体の2分の1となり、子が複数いる場合は、それぞれ相続分は人数に応じて均等に割った分となります。ただし非嫡出子(婚外子)の相続分は、嫡出子の2分の1となります。

同様に直系尊属の場合は3分の1、兄弟姉妹の場合は4分の1となり、同順位の血族相続人がいる場合は人数に応じて均等に分けます。

法定相続人が配偶者のみの場合または血族相続人のみの場合は、遺産は配偶者または血族相続人のものとなります。ただし、遺言書がある場合はこの限りではありません。

相続資格の重複があった場合について民法に規定があります。たとえば、子の代襲相続人(孫など)を養子にした場合、代襲相続人としての相続分と子(養子)としての相続分の両方に権利があります。また非嫡出子(婚外子)を養子にした場合は、嫡出子と同じ相続分となります。

法定相続分の具体例

  • 相続財産が1200万円、相続人が配偶者と子(直系卑属)の場合
    配偶者の相続分:1200万円×1/2=600万円
    子の相続分:1200万円×1/2=600万円
    子が2人いれば、600万円×1/2=300万円ずつ
  • 相続財産が1200万円、相続人が配偶者と親(直系尊属)の場合
    配偶者の相続分:1200万円×2/3=800万円
    親の相続分:1200万円×1/3=400万円
    両親がいれば、400万円×1/2=200万円ずつ
  • 相続財産が1200万円、相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合
    配偶者の相続分:1200万円×3/4=900万円
    兄弟姉妹の相続分:1200万円×1/4=300万円
    兄弟姉妹が2人いれば、300万円×1/2=150万円ずつ
サブコンテンツ

このページの先頭へ