相続とは

相続というのは、人の死亡を原因として、亡くなった人が生前持っていた権利義務を法律に定められた権限や資格をもっている特定の人に包括的に承継させることをいいます。ここでいう権利義務は、財産上のものをいい、亡くなった人の身分や人格などは含まれません。

亡くなった人は相続される立場なので被相続人、財産上の地位を受け継ぐ人のことを相続人といいます。

人の死亡によって権利義務を承継する人は、法律に定められた人または遺言によって定められた人です。民法があらかじめ定めている人に亡くなった人の財産が承継される場合を法定相続、亡くなった人が遺言によって定めた人に承継される場合を遺言相続といいます。

明治時代の民法では、遺言によって家督相続人の指定を認めていました。

しかし現代の民法においては、相続人となる人はあらかじめ定められている一方、遺言によって相続人を定めることは認められておらず、包括的な遺贈(遺言による贈与)が認められています。

その他に相続することができる血族の範囲が亡くなった人と同居し、生活をともにしていた近親者に限られる傾向がある一方、先祖から子孫への「縦の財産承継」に加えて、配偶者という「横の財産承継」が一般化してきました。

婚姻した家族を基準としている今の民法は、配偶者の死亡による夫婦の財産の清算が相続制度の中で行われるようになっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ