香典や弔慰金は相続財産か

香典や弔慰金は相続財産ではありません。

香典には亡くなった人を供養する意味合いも含まれていますが、本来の性質は葬儀費用の一部を負担することをねらいとした贈与だといえます。したがって、香典は葬式の主催者である喪主あてに贈られているといえるでしょう。

通常、喪主はこれらを葬儀費用にあて、残りがあるときはその裁量によって、その後の供養の費用にあてることにしても、どこかの団体に寄付するなど自由に処分してかまいません。

香典がこのように喪主への贈与で相続財産には入らないということになりますと、これらについて喪主以外の相続人から分配を求めることができないことになります。

また被相続人の会社などから弔慰金が支払われることがあると思いますが、弔慰金が香典の性質を持つものも、死亡退職金の性質を持つものもあります。香典の性質を持つものであれば、先ほどのように喪主への贈与と考えられますし、死亡退職金の性質を持つものであれば、通常、会社の内部規定によって受取人が決められています。この場合は、その人固有の権利となる場合もあり、その人が相続人であれば特別受益にあたるときもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ