胎児の取り扱い(民法886条)

  1. 相続が始まったとき胎児がいれば、その胎児は相続についてはすでに生まれたものとして取り扱います。
  2. しかしその胎児が死産すれば、初めからなかったものとして取り扱われます。

相続が始まったときに胎児であった者に相続させる方法は2つあります。

1つは胎児を相続に関して一人前に扱い、他の子どもたちと一緒に相続させる方法です。母が胎児の法定代理人として遺産分割協議などをします。しかし民法には胎児の法定代理人についての規定がなく、また、胎児が死産した場合や双子であった場合など、遺産の分割をやり直さなければならなくなります。

2つ目は胎児が生まれたときに遺産の分配をする方法です。しかし、これでは生まれる前に遺産が分割されていた場合には、後から相続分だけの金額を取り戻すことになってしまいます。

判例では、後者の方法によるものとしていますが、学説では前者の方法を支持するほうが有力です。どちらの方法によるとしても、胎児が生まれてから、遺産分割協議をやり直さなければならない場合が出てくるので、胎児が生まれてくるまで遺産分割を禁止を命じる審判をしてもらうのが望ましいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ