表見相続人から遺産を取り戻す権利(民法884条)

相続人でない者が相続人のように遺産を管理したり処分している場合には、本当の相続人は、この表見相続人から遺産を取り戻す権利がありますが、この権利は、相続人やその法定代理人がそのような事実を知ったときから5年、または相続される者が死亡したときから20年たつと時効となります。

この規定は、本当の相続人が表見相続人から遺産を取り戻す権利(相続回復請求権)について短期の消滅時効を定めたものですが、その前提として、相続人には自分の相続した財産を取り戻すための特別な権利があることを認めています。

しかし、この権利の性質や内容については、他に規定がなく、細かい点についてはすべて学説や判例によって解決が任されているのが現状です。

相続回復請求権という特別な権利を相続人に認めている理由は、

  1. 相続権のない者が相続人らしい地位にあって、遺産の管理や処分をする場合に、本当の相続人に対して、遺産のなかの財産を一括して取り戻すことができる便宜を与える
  2. その場合に、相続人は相続人であることを主張し立証すればよく、自分の権利を相続される者のそれににまでさかのぼって証明する必要がない
  3. しかし、長い年月が経過してからの取戻しを認めると、相続人と誤信していた者や、その者から財産を譲り受けた者にとって、あまりにも不利益になるので、この取り戻す権利を比較的短い期間で消滅するものとしました。

1と2は本当の相続人に有利な点ですが、3は不利な点です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ