相続の始まる場所(民法883条)

相続は相続される者の住所で始まります。この規定は主として、相続に関する裁判を取り扱う裁判所を決めるためのものです。

相続や遺言に関する審判は、相続される者の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てなければなりません。

相続に関する訴えは、相手方の住所地の裁判所のほか、相続される者の住所地の裁判所にも起こすことができます。

遺産分割協議や遺産の整理などを実際に、相続される者の住所地でやらなければならないという意味ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ